剣道の概要

剣道部あるあるを伝えたい!謎に包まれた剣道部の日常とは?

新しい部活動何始めようかな?

なんとなく剣道ってカッコよさげだし、少し気になるなぁ

 

春は出会いと別れの季節

新しいことに挑戦しようって思ってる人もいるかなーって思います

 

特に、進学する人は、部活動とかサークルとか、なんか違うことをやってみたいって考えてませんか???

 

そのなかで、剣道を少しでも考えてるあなた!!!

 

最高ですね!!!

武道の世界へようこそ!!!

 

 

でも、1つ問題が……

 

 

剣道ってスポーツとして名前が知られていても、中身を知らない人、けっこう多いんですよね~

 

『棒振ってるヤツでしょ?』

『あぁ、道場ってマジでくさいよね……』

『夏はあんなの着けて暑そう……』

 

こういう話はよく聞くんですが、まぁ、それ以外にも、特徴はあります

 

というわけで、今回は、剣道部のことを内側からのぞいてみましょう!

 

謎に包まれたベールが、今、明らかに!!!

剣道部あるあるを考えてみた!!!

剣道部あるある~言いたい~♪(レイザーラモンRG風)

 

だいたい1つの剣道部で起きてることは、よっぽど特徴的じゃない限りは、どこでも同じ

 

剣道部を経験した身として、こんな話よく聞いたぞ、っていうものを挙げたいと思います!

 

若干、独断と偏見が混じってますwww

 

あるある①:顧問の先生が豹変しがち

たいてい、部活動の顧問の先生は、外部指導じゃなければ、普段は学校の先生です

 

周りから見たら、

あの先生、めっちゃ優しくて授業も分かりやすくて、好きだわー

ってなっていても、

 

竹刀を持たすと、人が変わったかのようになるんです

何かに取り憑かれたんじゃないかって思うほどに……

 

自分たちからしたら、

クソッ、なんで普段は大人しいのに、竹刀持つとこうなっちゃうんだよ!

意味わからんよ!!!

ってなるわけです

 

あるある②:においが分からなくなる

普段から汗くさいなかで稽古してるせいで、剣道特有のにおいが分からなくなっちゃいます……

 

他の人が、学年集会とか授業とかで使うと、必ずこう言います

 

こんなくさいなかでよくいられるな……

マジでキツいわ、死にそう……

 

そうか、最初の頃に感じていたクサさ、忘れていたよ……

 

もちろん、自分たちは、臭いがキツイ自覚があります

なので、稽古が終わったあとは、シャワーを浴びたり汗拭きシートを使ったり、人よりもかなり気遣ってますwww

 

あるある③:腕が太くなりがち

毎日素振りを欠かさずにやるわけです

そりゃ、少しずつ腕の太さが変わってきます

もちろん、筋肉がついてですよ?

私の場合、左右で腕の太さが違いますwww

 

あるある④:胸板が厚くなりがち

腕が太くなるのと一緒に、肩周りの筋肉もついてきます

それに伴って胸板が厚くなってきます

スーツを選ぶときは大変でした……

 

男性のみなさん!!!

くれぐれも女性にこんなこと言っちゃダメですよ???

一生嫌われること確定です!!!

 

おまえ、肩幅ゴツくね?

ホント、ゴリラみたいなヤツだなー

 

(まぁ、冗談が言い合える関係性なら大丈夫かもですが……)

 

あるある⑤:先生の頭が……

これは完全に私の偏見

 

しょっちゅう面を打たれているせいでしょうか?

剣道上位の有段者の先生、お歳を召すにつれて、頭がツルツルになりがちなのです……

 

いやはや、自分もなってしまうのか?

なりたくないもんです……

 

先生のことをそう思ってても、面と向かってハゲなんて言っちゃダメですよ???

それだけ、稽古に熱心に打ち込んできた証拠なんですから!!!

 

そんなこと言った日の稽古は……

考えたくもないですねwww

 

あるある⑥:自分をいじめるのが大好き

これは剣道だけじゃないかもしれないです

強さを求めて、上を目指している人ほど、自分のことをいじめてる気がします

 

これでもかっていうくらいキツいメニュー組んでますよね

それこそ、ホントにぶっ倒れるくらいまで

 

強い人はドM気質の人が多いのかも???

 

あるある⑦:大人しい人が多い

礼儀を重んじることもあってか、普段はかなーり静かな人が多いです

 

いわゆる「陽キャ」属性の人は少ない気がします

逆に「陰キャ」属性の人の方が多いですかねー

 

ホントに真面目な人が多いです!!!

だから、けっこう寡黙な人が多いのかもしれません

 

もちろん、皆さんいい人ばかりなんで、一緒にいて過ごしやすいです!

 

あるある⑧:奇声をあげがち

普段はめちゃくちゃ静か

だけど、面をかぶって竹刀を持たせると、何かに取り憑かれたかのように、声を張り上げます

 

これは、剣道の1本を取るための要素の1つ「気剣体の一致」が影響してます

 

しかも、始めたての頃は、

『ヤーーー、メーーーン』

『ヤーーー、コテーーー』

『ヤーーー、ドーーーウ』

って、ちゃんと打突部位のことを言ってるんです

 

でも、いつからか、

『ホリャァーーー、メンヤァァァーーーーー』

『ソリャァァーーー、コタァァァーーー』

『テリャァァァーーー、ドウドウドーーーウ』

みたいな感じになります

 

 

剣道を初めて体験する人へ!!!

決してふざけてるわけじゃないので、笑わないでくださいね???

自分もそうですが、やってる人たちは、いたって真面目に取り組んでるので!

 

あるある⑨:傘の持ち方が……

竹刀を左手に持つせいで、長い棒を持つと、つい竹刀みたいに持っちゃいます

 

特に、傘なんかはどうしてもそうなりますね……

傘の先が人の方に向かって危ないので、気をつけるようにしてはいますが、無意識のうちになってます……

 

ある意味、剣道が身に染みついてるってことはいいことですけどね!www

 

あるある⑩:足の裏がめっちゃ固い

剣道ってもちろん裸足でやりますよね?

それで、踏み込んだり踏ん張ったりするとどうなるか分かりますか???

 

足の裏の皮がむけちゃうんです……

これがまぁ痛くてですね……

だから、しょっちゅうテーピングしてる人を見ます

自分もそうでした

 

でも、悪いことばかりじゃないです!!!

何度も繰り返してるうちに、足の裏の皮膚がめっちゃ分厚くかたくなっていきます

画びょうとか踏んでも大丈夫なんじゃないかってくらい

 

それだけつらい稽古を乗り越えたっていう証拠ですね!!!

 

ちなみに、しばらく剣道をやらない期間ができると、元に戻ります

今の自分がそんな残念な感じになってますwww

 

 

さてさて、今回は10個あるあるをあげてみました

 

どうでしたか?

剣道をすでにやってる人は共感出来ましたか?

やってない人は剣道部がどんな感じかイメージ出来ましたか?

 

実は、まだまだあるあるがあったりするので、第2弾をお届けします!!!

乞うご期待!!!